浸透したインプラント

歯の治療方法として、インプラントはだいぶ浸透してきたといっていいでしょう。
一般的に、歯を失ってしまったときには、差し歯をしたり、入れ歯にしたりしていきますが、周辺に健全な歯が残っていなければ差し歯はできません。
入れ歯にするにしても、違和感はどうしても残ってしまいますし、見た目にもきれいとは言えません。
そこで、注目を浴びるようになったのがインプラントなのです。

インプラントは、歯を失った部分にチタン製のパーツを埋め込みます。
これをインプラント体といいますが、この埋め込んだパーツに上部構造である義歯を取り付けることによって成り立っているのです。
失った歯を治療する方法ではありますが、差し歯の様に周辺の歯に負担をかけることもありません。
今までの歯と同じ感覚で使うことができ、噛む力も分散させることができますので、ほかの歯を守るためにも重要な方法となりました。
慣れてくれば、インプラントであるということすら忘れてしまうのですから、理想的な治療方法であるといっていいでしょう。

インプラント体に関しても、現在ではチタンが使われるようになり、金属アレルギーも出にくく、有害な作用も抑えることができます。
熱が伝わりやすいなどの欠点もありましたが、それも解消されて、より一層使いやすいものとなってきました。
それでも、デメリットも存在しますので、治療を考える前によく知り検討する必要がありますので、参考にしていただければ幸いです。


■推薦外部リンク
表参道にあるインプラントクリニックです → インプラントクリニック